ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

MF川辺、リーグ戦で代表入りアピール J1磐田|静岡新聞アットエス

calendar

http://www.at-s.com/sp/sports/article/shizuoka/jubilo/topics/429282.html

残り2試合に向け、得点に絡む活躍を誓う磐田の川辺(左)=ヤマハ大久保グラウンド

 J1磐田のMF川辺駿(22)が、残り2試合のリーグ戦で日本代表入りをアピールする。今季は得点に絡むプレーにこだわり、「得点とアシストの合計が10以上」と自らに課してきた。現在4得点5アシスト。あと1に迫った目標をクリアし、吉報を待つ。
 川辺は契約で出場できない期限付き移籍元の広島との2試合以外で全30試合に先発。中心選手に成長し、6位と好位置を維持するチームの原動力となっている。13年ぶりの6連勝を飾った7月29日の川崎戦では2得点した。「自分がゴールに絡めるかどうかが、チームの結果につながっている」と自覚をのぞかせる。
 「いつか入りたい」という日本代表入りは、川辺が今季掲げた目標の一つ。だが、本人は「今のままでは厳しい」と控えめに語る。18日の前節柏戦は2010、14年ワールドカップ(W杯)韓国代表MFキム・ボギョンに苦戦した。1対1の局面で後手に回される場面が多く、「体が強くて、ボールを奪えなかった。久々に目の前の相手に負けた。悔しい」と闘志に火を付けた。
 12月の東アジアE―1選手権では日本代表は国内組のみで戦うため、川辺が選出される可能性は残されている。ゴールという目に見える結果で代表入りの道を切り開けるか。若手の注目株は「(リーグ戦の)残り2試合を気負うことなく、楽しむだけ。自分の結果にもこだわり、1年間やってきたことを見せたい」と全力を注ぐ。

●スポンサーリンク