ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

試合後インタビュー松浦拓弥 選手

calendar

──今日の試合を振り返って

ゲームの入りが一番大事だと思っていて、そういう意味では自分としても前向きにプレー出来たと思いますし、最初の数分のプレーでワンタッチ、2タッチで(川又)堅碁やアダと絡むことが出来たので、そういう意味でも試合に入りやすかったです。そして、ああいう形での先制点が自分たちを楽にしてくれました。

──シュートも積極的に狙っていました

そうですね。決めたかったですけど、最近はシュートを打てる場面に顔を出せていると思うので、それは良いことかなと。あとは決めるだけです。シュートを打たない選手というのは相手も怖くないと思うので、打つから逆に次のスルーパスが狙えたりと、そういうイメージを共有しやすくなるので、そういう意味でもまずは打つことが相手にとっても脅威になるのではないかなと思います。それがもっと枠に飛び出したら、詰めるスピードもより上がってくると思うので、次はもっと枠に飛ばせるようにしたいです。

──チームとしての戦いぶりは?

連動したプレスもありましたし、行く行かないの判断など、とにかくコミュニケーションが取れていたと思います。もちろんどの試合も我慢する時間帯があって、今日はそれが前半少しあったかなと思いますが、そういう場面も耐えることが出来ました。チームとして、もっと良くなっていくと思いますが、今までやってきたこと、連動する、アクションを起こすという意味では、良い形を前半から出来たかなと感じています。誰が出ても、メンバーが変わったり立ち位置が変わっても、やることは変わりません。3バックでも4バックでも対応出来ているので、それはすごく良いことだなと思います。

●スポンサーリンク