ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

磐田が5位浮上でACL出場に可能性残す、最終節の相手は鹿島 | ゲキサカ

calendar

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?231842-231842-fl

2点目を決めた磐田FW川又堅碁

[11.26 J1第33節 鳥栖0-2磐田 ベアスタ]


 J1リーグは26日、第33節を各地で行い、6位ジュビロ磐田はアウェーでサガン鳥栖に2-0で勝利した。最終節を残して4位柏と勝ち点2差の5位に浮上。来季のACL出場権獲得に可能性を残した。

 鳥栖は前節のFC東京戦(○2-1)から先発4人を変更。FW豊田陽平が2試合ぶりにスタメンに名を連ねた。一方の磐田は前節の柏戦(●0-1)から3人を変更。MF松浦拓弥が22試合ぶりに先発し、MF上原力也が初のスタメン入りを果たした。

 アウェーの磐田が早々に試合を動かした。前半1分、DF宮崎智彦のスローインから左サイドに開いたMFアダイウトンがクロス。中央で競り合ったFW川又堅碁には惜しくも合わなかったが、ファーサイドでクリアを試みたDF吉田豊のミスキックがゴールネットを揺らし、オウンゴールで先制した。

 一方の鳥栖は前半18分、MF原川力の右CKに反応したFW豊田陽平のヘディングシュートがポストを直撃。同35分にはFWビクトル・イバルボが倒されて得たFKを原川が狙ったが、惜しくもクロスバーを越えた。

 1点ビハインドで迎えた後半9分、鳥栖はMF河野広貴に代えてDFキム・ミンヒョクを投入。前半途中にフォーメーションを4-3-1-2から4-4-2に変更していたが、ここでさらに3-5-2とした。

 ところが直後の後半11分、磐田は自陣で宮崎がボールを奪うと、アダイウトンが左サイドをドリブル突破。50m以上を走り抜いて放ったシュートはGK権田修一に阻まれたが、こぼれ球に詰めた川又が右足で叩き込み、リードを2点に広げた。

 2-0の完封勝利で5位に順位を上げた磐田。今節で3位以内が確定し、来季のACL出場を決めたC大阪が天皇杯で優勝した場合はJ1の4位チームにACL出場権が与えられるため、他力ながら磐田にも来季ACL出場の可能性が残った。4位柏と勝ち点2差で最終節を迎える磐田はホームに首位・鹿島を迎え撃つ。

●スポンサーリンク