ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

【J1採点&寸評】鳥栖0-2磐田|MOMは攻守両面で貢献度大のリーグ初先発MF。鳥栖は頼みのイバルボが機能せず… | サッカーダイジェストWeb

calendar

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=33084

[J1リーグ33節]鳥栖0-2磐田/11月26日(日)/ベアスタ

 
【チーム採点・寸評】
鳥栖 5
磐田のパス回しに翻弄され続けプレスも空回り。交代で入った選手が健闘するも磐田の守備を崩しきれず。
 
【鳥栖|採点・寸評】 
GK
33 権田修一 5.5
2失点とも彼にとっては不運と言えるものだった。クロスやシュートに対しての備えは安定していた。
 
DF
13 小林祐三 5(65分OUT)
味方と連動する守備は完璧な出来だったが、1対1でやや苦戦する場面も見られた。
 
15 チョン・スンヒョン 5.5
空中戦ではほぼ完勝し、積極的に対人プレーに挑み攻撃の芽を摘んでいた。アダイウトンにはやや苦しめられた。
 
35 青木 剛 5.5
若いCBのカバーリングに終始した感はあるが、川又とのマッチアップは見応えがあった。
 
23 吉田 豊 4.5
J1通算200試合で痛恨のオウンゴール。守備では貢献するも攻撃の見せ場は少なかった。
 
MF
40 小野裕二 5.5
丁寧なパスとクサビになる動きに加え、自ら突破を図るなど見せ場は作るも、ゴールにつなげられず。
 
14 高橋義希 5.5
磐田のパス回しを阻止すべく、中盤のスペースを埋め続けた。一方で攻撃的なパスも出して前線を活性化した。
 
4 原川 力 5
2回のゴール前の1本でもFKで決めておけば流れを引き寄せられたか。珍しく途中でエキサイトする姿も。
 
7 河野広貴 4.5(54分OUT)
動きすぎて攻撃のバランスを崩すシーンが見られた。動いた後を磐田に使われ窮地になる場面も。FW
32 イバルボ 5.5
攻撃の起点になっていたが、豊田との距離感が合わずに前線で孤立。磐田の守備に手を焼く場面も。
 
11 豊田陽平 4.5(59分OUT)
守備や空中戦での貢献はあったものの、ボールを引き出す動きがほとんど見られず低調なパフォーマンスだった。
 
交代出場
DF
5 キム・ミンヒョク 5(54分IN)
交代で入り3バックに。その後は4バックのサイドでプレーし、積極的に攻撃参加を試みた。
 
FW
27 田川亨介 5(59分IN)
競り合いにも積極的に絡み、DF裏を狙って果敢に攻め込むも、攻撃にリズムをもたらしたとは言い難い。
 
MF
50 水野晃樹 5(65分IN)
磐田をヒヤリとさせる突破や駆け引きを見せたが、彼を生かし切る時間は足りなかった。
 
監督
マッシモ・フィッカデンティ 5
開始直後の失点でプランが崩れたのか、打つ手がすべて後手に回り、流れを作れないままに完敗。


【チーム採点・寸評】
磐田 6.5
試合開始から長短のパスで鳥栖を揺さぶり続けオウンゴールを誘う。最後まで主導権を渡さず完勝。
 
【磐田|採点・寸評】 
GK
21 カミンスキー 7
ゴール前のFKに対してファー寄りの守備に徹した判断で無失点に。クロスへの対応も良かった。
 
DF
3 大井健太郎 6
警告を受けたが、鳥栖の攻撃の起点を抑えきる守備で勝利に貢献。高い集中力を見せた。
 
5 櫻内 渚 6
積極的なオーバーラップで攻撃に厚みを持たせていた。粘りのある守備で最後の一線は突破させず。
 
41 高橋祥平 6
判断良く中盤の攻撃に関与し続けた。スペースを使い相手のマークを外す動きで攻撃を助けた。
 
MF
8 ムサエフ 5.5(65分OUT)
少々、熱くなってはいたが危険なスペースを埋め、持ち前の献身性を見せていた。
 
10 中村俊輔 6
味方からボールを引き出だし、前線を最後まで活性化し続けた。試合の終わらせ方は見事。
 
11 松浦拓弥 6.5(79分OUT)
前線と中盤をつなぎ、適切な距離感を保ちながら鳥栖ゴールに迫った。前線にもよく顔を出していた。
 
13 宮崎智彦 6.5
派手さはないが汗かき役に徹したプレーで、攻守のバランスを取り続け中盤の穴をなくした。
 
15 アダイウトン 6.5(88分OUT)
イバルボに仕事をさせないマッチアップは見応えがあった。攻撃の起点としても機能した。
 
30 上原力也 7
リーグ初先発ながら、的確にパスを散らし、守備では身体を張り続けた。ミドルシュートも積極的に放った。

FW
20 川又堅碁 7
クサビのパスを丁寧に処理し続け、前線で起点になり続けた。追加点は彼らしいゴールだった。
 
交代出場
MF
14 川辺 駿 6(65分IN)
ムサエフと交代で入り、主に攻撃的な位置で活躍したが、ゲームの展開からか思いきりの良さは窺えず。
 
MF
14 松本昌也 5.5(79分IN)
残り時間が少ない中での出場だったが、可能性を感じさせる身体を張ったプレーを見せた。
 
MF
7 上田康太 -(88分IN)
疲れが見えたアダイウトンに代わって入り、無難に試合を終了させた。
 
監督
名波 浩 6.5
長短のパスで鳥栖を揺さぶり続け、選手交代で相手のパワーを消し追加点を奪う。完勝と言える内容。
 
取材・文●サカクラゲン
 

サッカーダイジェスト Web

search


●スポンサーリンク