ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

試合後インタビュー 第34節 中村俊輔 選手

calendar

──今日の試合を振り返って

相手は常勝チームの鹿島で、優勝が懸かっていましたし、もちろん自分たちは100点ではないと思いますが、ジュビロらしさというか、今まで積み上げてきたものは出せたと思います。守備の部分であったり、攻撃面ではアダを上手く生かすことだったり。ミーティングでも、「最後なのでジュビロらしさ、今までのものを思い切って出していこう」と。それは出来たのではないかと思います。相手を優勝させなかったこととか、勝てなかったこととか、色々とありますが、気持ちが入ったゲームだったと思います。

──リーグ6位という結果について

良いと思います。去年と比べたりとか、そういうこともありますが、それよりも勝点とともにチームが成長出来たことが一番大きいです。負けたときはすぐに修正出来るよう、みんなでコミュニケーションをとったり、そういった部分は名波さんが上手く選手を導いてくれたと思います。勝点とか順位よりも、大きなものを作れたというか、成功体験が出来た選手が多かったと思うので、それが財産になっていくはずです。ひとつは階段を登れた年だったなと。

──今シーズンからジュビロでプレーして

終わってみれば短かったです。それだけ充実していたということだと思いますし、ストレスなく出来たので、それがすごく良かったです。だからこそ、名波さんをはじめ社長や強化部、チームメイト、トレーナー、スタッフには感謝しています。

──ジュビロに変化や影響をもたらすことは出来ましたか?

去年がどうだったかはもちろんわからないですが、自分が思ったり感じてきたことを、何かジュビロに浸透させることが出来ればいいなと思っていました。気が付けばすぐに言うことや、少し若い選手には何でも言わないようにしたり。それは色々考えながら、日々練習に臨んでいました。

──サポーターへメッセージを

シーズンが始まる前に、自分は「ホームで勝ちたい」と言っていて、今年はアウェイでも勝つことが出来ましたが、ホームの勝利というのはやっぱり格別です。ヤマハにしてもエコパにしても一緒に勝利を分かち合えた瞬間がいっぱいあったので、非常に嬉しかったです。来年も1試合でも多くそういう時間を共に出来るよう、お互い頑張りましょう。

●スポンサーリンク