ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

試合後インタビュー 第34節 高橋祥平 選手

calendar

──無失点に抑えたことについて

相当嬉しいです。勝てなかったことはやっぱり残念ですが、きっちりゼロで終われたというのは、来年に向けてもっともっと良い守備が出来るかなと。相手は優勝が懸かっていたし、自分たちはそれをさせたくないと思っていたし、そういう球際の部分や気持ちの部分で、お互いの気持ちがぶつかるような試合だったなと思います。僕たちは減るものがないので、チャレンジャー精神を持っていつも戦っている中で、来年に向けては、ラインのちょっとした部分とかをもっとコミュニケーションを取ってやれば、それがまた次に生きてもっともっと前線が楽になるとか、もっと僕たちの能力も上がれば、もっともっと良いチームになると思うので、来年こそ本当に6位じゃなく、ACL、1位を狙えるように、このオフ期間にどれだけ準備が出来るかというのは、大事かなと思います。

──今日の試合を振り返って

入りは良かったと思うのですが、もっともっと自分たちからアクションするようなサッカーをしたいので、前線がとか、ディフェンスがとかではなく、僕たちみんなが自信を持ってプレーできるように、やらないとなと自分の中では思っていました。

──―リーグ最少失点という結果について

チームとして得失点差プラスマイナスゼロを目指していた中では、出来すぎな部分もあるかもしれませんし、本当に前線からみんなが意識して守備をしてくれるからこそ、その結果があると思っています。それから、交代選手も出てるメンバーと同じ温度で入って来てくれるおかげで、僕たちもやりやすかったですし、誰が怪我しても出場停止でも、そういうものを関係なくチームとして戦うことが出来ました。来年は自分もうかうかしていられないので、気を引き締めて、また来年始まったときには気持ちを最高の部分に持って行けるように、オフ期間から準備をしていきたいなと思います。

●スポンサーリンク