ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

【磐田】今季で印象に残っているシーンは?中村俊輔の答えは「アウェーの……」 | サッカーダイジェストWeb

calendar

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=33264

[Jリーグ34節]磐田0-0鹿島/12月2日/ヤマハ

 
 報道陣から「今シーズンの中で、印象に残っているシーンがあるとすればどの場面ですか?」との質問に、中村俊輔は即答した。
 
「アウェーのレッズ戦じゃないですかね」
 
 4-2で完勝したゲームだ。ただ、この浦和戦に俊輔はコンディション不良でベンチ入りもしていない。理由はこうだ。
 
「僕はいなかったんですけど、そういう試合でもしっかりアウェーでも勝った。(大井)健太郎がいない時とかもそうだけど、誰が出ても自分の”居場所”があるっていう。一人ひとりの居場所、責任感やその選手にしかないプレッシャーとか、そういうのをうまく名波(浩/監督)さんやジュビロ全体で活かせている気がする」
 
 チームの成長を実感している俊輔は、さらにもう1試合を挙げた。
 
「あとはホームのガンバ戦(3-0で勝利)。3-4-3になってから、少しハマった感があった。守りの部分で、粘り強さとか我慢とか、ひとつ引き出したができたと思います」
 
 ちなみに、自身のプレーについて聞かれると、「うーん」としばし考えた後、「なんか、よく守備したなって(笑)。サイドで」と答える。
 
 この日の鹿島戦も、身体を投げ出したスライディングでレオ・シルバからボールをカットする場面があった。白いパンツが緑の芝で汚れる。横浜時代もそうだった。攻撃面で極上のテクニックを披露する一方で、泥臭い仕事もいとわない。精力的に守備もこなす。
 
 攻守に欲張りなプレーで絶大なプレゼンスを放つ。移籍1年目は、充実のシーズンを送ることができたようだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

●スポンサーリンク