ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

【J1採点&寸評】磐田0-0鹿島|鹿島は最後まで1点が遠く…。MOMはハードな守備が光ったDF | サッカーダイジェストWeb

calendar

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=33229

[J1リーグ34節]磐田0-0鹿島/12月2日/ヤマハ


【磐田 0-0 鹿島 PHOTO】磐田の牙城を崩せなかった鹿島。最終節で2位に転落

【チーム採点・寸評】
磐田 6
宿敵の優勝を阻止すべく、いつも以上に集中したパフォーマンスを披露。守備の局面で選手の距離感が良く、チャレンジ&カバーが徹底されていた。終盤は猛攻に遭うも、全員が集中してしのぎ切った。

【磐田|採点・寸評】
GK
21 カミンスキー 6
ヒヤッとするシュートがさほどなく、好セーブを披露する場面は限られた。前にこぼさないクロス対応は流石の安定感。   
 
DF
41 高橋祥平 6
丁寧なビルドアップでボール回しを円滑に。後半はよりパワフルに振る舞い、一列前の上原と松本をサポートした。
 
3 大井健太郎 6.5 
大声でコーチングし、周囲とのコミュニケーションを徹底。コンパクトな守備陣形は、この男がいるからこそ成り立つ。
 
35 森下 俊 7
MAN OF THE MATCH
獰猛に仕掛ける金崎にハードタックルで対抗。キーマンを見事に封じ込めた。攻撃面では、スペースにフィードを送り込み、アタッカーを動かした。
 
MF
24 小川大貴 6.5
右ウイングバックで先発出場。対面のレアンドロに食らいついてディフェンスし、決定機を作らせなかった。後半開始から左サイドへ回り、ラスト10分は右サイドバックへ。
 
40 川辺 駿 6(84分 OUT)
アグレッシブに動いて広範囲をカバー。ボールホルダーへのチェック、エリア内への攻撃参加など役割は多岐に渡ったが、そつなくこなした。
 
8 ムサエフ 6(76分 OUT)
動き回る川辺とのバランスを取り、戦況を見ながらプレー。カウンターの際には駆け上がって、攻撃に厚みをもたらした。
 
13 宮崎智彦 6(HT OUT)
左サイドで起点となり、チームを落ち着かせた。常に的確な判断を見せていたが、負傷により無念の途中交代。
 
10 中村俊輔 6 
守備に追われる時間が続いたが、プレスバックでチームを助けた。一発のサイドチェンジで流れを変えるなど、攻撃でも確かな存在感。
 
15 アダイウトン 6.5
鋭いドリブル突破は健在。馬力のある仕掛けで、DFを困らせた。69分には全力疾走で守備に戻り、ピンチの芽を摘んだ。

FW
20 川又堅碁 5.5
前線で起点になろうと奮闘し、守備にも精を出した。69分のシュートはDFに阻まれ、無得点に終わる。
 
交代出場
MF
30 上原力也 6(HT  IN)
赤丸急上昇中の若武者は、右ウイングバックで起用される。ストッパーの高橋と動きを確認しながら、懸命に役割を果たした。松本投入後はボランチに。

MF
14 松本昌也 6(76分 IN)
ムサエフと交代でピッチに入り、右ウイングバックへ。対峙した鈴木の勢いに苦しむも、クレバーさは見せた。
 
MF
11 松浦拓弥 —(84分 IN)
最終盤に登場。持ち場であるトップ下に入って奔走した。
 
監督
名波 浩 6
コンパクトな守備ブロックで隙を見せず、決定機を作らせなかった。終盤は4バックへ切り替え、疲れが見えたイレブンに活力を注入。リーグ最少失点(30)を達成するなど、ディフェンスの整備が結果に表れた一年だった。
 
取材・文●梶山大輔(サッカーダイジェスト編集部)【チーム採点・寸評】

鹿島 5
前半はペースを握る時間帯もあったが、思うようにシュートに持ち込めずに攻めあぐねる。カウンターを発動するも厚みをもたらせなかった。後半は攻撃の強度を上げていくつかのゴールチャンスを作ったが、最後まで磐田ゴールを割れず。スコアレスドローに終わり、勝点で川崎に並ばれたが得失点差で連覇&20冠を逃した。
 
【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 6
遠目からのミドルは確実にキャッチ。足もとの処理は盤石で、ハイボールの対応も危なげなく無失点に抑えた。
 
DF
22 西 大伍 ―(14分OUT)
スタートから軽快なプレーを見せていたが、アダイウトンとの接触で右足を負傷し、無念の途中交代。
 
5 植田直通 6
川又と見応えあるマッチアップ。エアバトルの勝率も高く、最後はパワープレーで前線に上がったが、期待には応えられなかった。

3 昌子 源 6
鋭い出足で相手に前を向かせないディフェンス。最後まで集中してパス出しも冷静だっただけに、悔やまれる結果に。
 
16 山本脩斗 5.5
レアンドロとのパス交換で前に出るも、効果的な仕掛けができず。68分のピンチは身体を張ってブロックしたが、85分のヘディングシュートは枠外に。
 
MF
20 三竿健斗 5.5
素早い切り替えでボール奪取。オフ・ザ・ボールでもしっかりと相手を監視してミドルゾーンの攻防では優位に立ったが……。
 
4 レオ・シルバ 5.5
寄せられても慌てずにキープ。要所でプレーに絡みながら攻守に顔を出す。前半終了間際のミドルは大きくバーの上へ。
 
25 遠藤 康 5.5(76分OUT)
5分のボレーシュートはヒットせず。丁寧なプレーで周囲を生かしながら中盤を形成したが、決定的な仕事は果たせなかった。
 
11 レアンドロ 5
不用意なファウルでピンチを招き、流れを切る。突破を試みるも抜き切れず、イージーなボール逸も散見。80分の決定的チャンスも決められず。FW
33 金崎夢生 5.5
積極的にシュートを放ち、身体を張ったプレーで攻撃をけん引。サイドからも果敢に突破してチャンスメイクをこなしたが、52分のビッグチャンスは決めたかった。
 
8 土居聖真 5(82分OUT)
持ち前のターンでDFをかわす場面もあった一方、スペースを見つけて動き出すもなかなかパスが届かず。59分の絶好機はGKに止められた。
 
交代出場
DF
24 伊東幸敏 6(14分IN)
西の負傷交代を受けて、右サイドバックに入る。タイミング良く攻め上がり、好クロスを供給したが、ゴールには結びつかなかった。
 
FW
9 鈴木優磨 ―(76分IN)
2列目左サイドに入る。79分、相性の良い伊東からのクロスにヘッドで合わせるも枠に飛ばせなかった。
 
FW
7 ペドロ・ジュニオール ―(82分IN)
土居に代わって2トップの一角に。カウンターからスルーパスを狙ったが、DFにカットされるなど、結果を残せなかった。
 
監督
大岩 剛 5
西の負傷で交代カードを一枚使う苦しい采配。後半に鈴木、P・ジュニオールと攻撃の選手を立て続けに投入も、奏功せず。最後の一押しが足りず、タイトルを逃した。試合後にはサポーターから「大岩、出てこい!」の声も。

●スポンサーリンク