ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

躍進 名波磐田(下) 若手台頭、競争で底上げ|静岡新聞アットエス

calendar

http://www.at-s.com/sp/sports/article/shizuoka/jubilo/topics/434073.html6 17:08)

今季急成長を遂げた磐田の上原(右)。若手の台頭の象徴的な存在となった=横浜・ニッパツ

 最終節鹿島戦の2日前。普段通りの先発組を分けた紅白戦は行わず、主力と控えが一緒に練習した。最終戦のメンバーは直前まで不明。「誰もがベンチ入りを諦めていなかった」と大井。緊迫した雰囲気は、開幕前に名波監督が求めた「競争」を表していた。
 年齢や昨季までの実績は関係なく、状態の良い選手が出番をつかんだ。そんな競争意識は若手の成長を促した。ユース出身3年目の上原の台頭が象徴的だった。10月の横浜M戦で逆転勝ちに貢献。11月の鳥栖戦はリーグ戦初先発フル出場で勝利の立役者となった。
 出番から遠のいた選手も目の色を変えた。「試合に出ていなくても、磐田には一流の選手が多くいる。上がしっかりやれば、若手はついてくる」。大井は現役時代の名波監督らが築いた黄金期の雰囲気を思い出すように、ベテランの練習に取り組む姿勢を評価した。
 今季の磐田で日本代表に選出されたのは、東アジアE―1選手権に追加招集された川又のみ。上位に入ったチームとしては物足りないが、これが磐田の飛躍の背景だ。絶対的な選手はいなくても、競争による全体の底上げで層が厚くなった。
 一層の強化には的確な補強が欠かせない。だが、名波監督は「育てるクラブを徹底したい。5~10年居続けて、クラブを出る時は欧州に行く育て方が理想」と既存選手の育成に重点を置く。長期離脱者が出て低迷が懸念された今夏。ある仲介人が外国人選手約50人を強化部に提案した。しかし、磐田側は獲得を見送った。「成長にふたをしない」という強化方針からだった。
 今季開幕時のJ1クラブの監督が、来季も指揮するチームは半数以下。在任期間で仙台に次ぐ長さの名波監督は来季、5季目に突入する。継続は他クラブにない強みだ。指揮官は既に、新布陣の導入など進化への方策を描いている。「『優勝を狙う』と言えるのはまだ先。やるべきことをクリアした時に初めて『頂に向かうぞ』と言える時が来る」。手塩にかけて育てる選手の成長速度が増した時、栄冠への道が開ける。

●スポンサーリンク