ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

訪れたリベンジの機会…「マジで俺のゴールが欲しい」川又堅碁がどん欲に得点を狙うワケ | Goal.com

calendar

2年前に味わった悔しさは忘れない。日本代表FW川又堅碁がリベンジを期す今大会でゴールへの熱い2年前に味わった悔しさは忘れない――。日本代表FW川又堅碁がリベンジを期す今大会でゴールへの熱い気EAFF E-1 サッカー選手権初戦が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表に1-0で勝利した。この試合で後半途中から途中出場を果たした川又。このままスコアレスで終わるかと思われた後半アディショナルタイム、左サイドで阿部浩之のスルーパスを受けた川又が左足でクロスを供給。このボールを今野泰幸が頭で落とし、最後は井手口陽介がミドルを突き刺した。

決勝点の起点となった川又は「最後に井手口が決めてくれて、チームに勝ち点3をもたらした。これを次の試合に生かさないとね」と、この勢いを継続することを誓う。

川又は前回大会で最下位に終わった日本代表の一員であった。今回対戦した北朝鮮代表とは前回大会でも対戦し、1-2と逆転負けを喫している。その敗れた一戦で川又は先発入りしたがゴールは挙げられず、後半途中で退いていた。

「あの後も、名古屋の時はトゥーさん(田中マルクス闘莉王)に教えてもらったり、今年ジュビロに来てからは、名波(浩)さんとかシュン(中村俊輔)さんに教えてもらったり。選手全員にいろいろやってもらって、コーチにディフェンス付いてもらったりとか。多少はそういうことができるようになっているんじゃないかと思う」

前回大会の悔しさがあるからこそ、川又はこの大会に懸ける思いは人一倍強い。

「2年前のように、あんな悔しい思いはしたくないし。正直、めっちゃ悔しかったからね。あれから何人かは呼ばれない時期が長かったし、ホンマにやらんといかん」

杉本健勇が負傷離脱した影響で、追加招集された川又。選ばれたからには「やっぱりゴール。決めなかったらFWとしての意味がない」と、リベンジを果たすべく、得点へのどん欲な姿勢を見せる。

決勝点の「クロスも俺のイメージとしては完璧だったし。コンちゃん(今野泰幸)に合わせたのも完璧だったし、そこでゴールが生まれたことは俺としてはポジティブやった」と満足感を示しながらも、やっぱり「マジで俺のゴールが欲しい。でも、あんまり俺が俺がってならんように、チームが勝てるゴールを決められたらいい」と最後までゴールへの意欲をむき出しにしていた。

●スポンサーリンク