ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

中村航輔と川又堅碁……その次は?E-1のラストチャンスを掴む方法。(Number Web)

calendar

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00829464-number-socc 

Number Web


中村航輔と川又堅碁……その次は?E-1のラストチャンスを掴む方法。

代表の新守護神に名乗りを上げる活躍となったGK中村。ファインセーブも含め、完封で抑えた能力は本物だ。 photograph by Kiichi Matsumoto

 一発で模範解答を出せ、とは言わない。

 それにしても、見どころがなかった。12月9日のE-1選手権で北朝鮮を下した日本には、チープウィンという表現が当てはまる。アメリカでは「安っぽい勝利」といった意味で使われるが、ここでは「もらいもののような勝利」との表現がふさわしいだろう。

 東アジアの隣国同士といっても、対戦相手の情報は多くない。選手たちはいくつかの映像をチェックしたそうだが、実際にマッチアップしないと分からないものはある。

 序盤の攻防が手探りになるのはしかたのないことだが、前半の日本は相手GKをほとんど脅かせていない。シュートは散発の4本に終わっている。自分たちは攻め込めないのに、北朝鮮には崩しの形を2度も作られた。

 手探り状態から素早く抜け出したのは、日本ではなく北朝鮮だったのである。

見たかったのは試合途中でのチームの修正能力。

 急造チームゆえに連動性を発揮するのは難しい。鮮やかなコンビネーションによる崩しなど、そもそも期待されていなかっただろう。

 見たかったのは修正能力である。

 試合をしながら最新の情報を集め、素早く更新し、局面での攻防を優位に運べるようにする。スカウティングが勝敗に影響を及ぼすW杯のような舞台でも、修正能力は問われる。

 互いの特徴をスキャンし合っているからこそ、意外性のあるプレーが有効打と成り得るのだ。

 あらかじめ警戒していた長所を封じるだけでは、世界のトップ・オブ・トップでは戦っていけない。

 後半の日本はどうだったか――。

最初に決定機を作ったのは北朝鮮。そして次も……。

 最初に決定機を作ったのは北朝鮮で、その次も、そのまた次も北朝鮮だった。

 ピッチ上で繰り広げられる攻防から判断すれば、前半の45分を教訓とした改善は見受けられない。

 守備の時のCKにおいて、最大3人の選手を前線に残すようにした北朝鮮のほうが、むしろ得点への意欲と工夫を感じさせた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が交代のカードを切っても、試合の流れは変わらない。

 選手たちの頭のなかを占めるのは、指揮官が意図するタテに速い攻撃だ。しかし、スピードを求める代わりに数的優位を作り出せず、相手の守備を崩せないままボールを失ってしまう。

 このままではチャンスを作れないと分かっていながら、ポゼッションとの使い分けがままならない。

 海外組が加わったチームでも見受けられる、指揮官の崩しのイメージと現実のギャップに、この日の日本も縛られていた。これがW杯予選やW杯本番なら評価されるが。

 スコアレスドローが濃厚となった後半アディショナルタイムに、ゲームはいきなり、そして劇的に動いた。

 途中出場の川又堅碁が左サイドからあげたクロスを今野泰幸がヘッドで落とし、走り込んだ井手口陽介がゴール正面から蹴り込んだのだった。

 90+3分の決勝ゴールはあまりにドラマティックで、それまでの消化不良感を吹き飛ばす。

 これがW杯予選なら、ロシアW杯なら、貴重な勝点3をつかんだものとして評価されるだろう。

 今大会は公式戦でありながら、結果がすべてではない。

 もっとも重要なのは、国内組の見極めである。

 ロシアW杯のメンバーに食い込んでくる選手はいるのか、いるとしたら誰なのかをはっきりさせるための3試合だ。

中村航輔がW杯参加の3人のGKに食い込んだ。

 アピールをした選手が、いなかったわけではない。前半から好セーブを連発したGK中村航輔は、既存の序列に影響を及ぼすパフォーマンスを披露した。

 W杯に参加する3人のGKのひとりに、この22歳が接近したのは間違いない。

 決勝点に絡んだ川又も好印象だ。

 4-3-3でも4-2-3-1でも、最前線中央の人選は大迫勇也が軸となる。2番手は岡崎慎司杉本健勇の争いだが、ゴール前にパワーをもたらすFWとして川又の可能性も探っていきたい。20分強の出場で決定的なヘディングシュートを浴びせ、決勝弾にもからんだ28歳は、攻撃のジョーカーに成り得るかもしれない。

「あと2試合ある」か「もう2試合しかない」か?

 国内組がW杯へのアピールに成功した例として、4年前の2013年大会がしばしばクローズアップされる。

 初優勝を飾ったチームから森重真人、青山敏弘、山口蛍、柿谷曜一朗、大迫勇也、齋藤学の6人が翌年のブラジルW杯のメンバーに選ばれたのだから、韓国での3試合はチームの強化に大きな意味を持つこととなった。

 しかしこのチームも、中国との初戦は3-3のドローだった。60分まで3-1とリードしながら追いつかれたゲームの終了時点では、詰めの甘さばかりが目についた。この時点でW杯のメンバー入りに手ごたえをつかんだ選手は、ひとりもいなかったと言っていい。

 ハリルホジッチ監督のもとで最終テストを受けている選手たちは、12日に中国と、16日に韓国と対戦する。

 トレーニングはさらに重ねられ、対戦相手の情報の確度は上がっていく。チームとしても個人としても、パフォーマンスを向上させることは可能だ。

 逆説的にいえば、目に見える変化を生み出さないとW杯への挑戦は終わりを告げる。

 「あと2試合ある」のは事実だが、「もう2試合しかない」とも言えるのだ。

(「サッカー日本代表PRESS」戸塚啓 = 文)

●スポンサーリンク