ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

Jリーガーをポジション別で格付けした!【2017年 GK・DF編】〈dot.〉(AERA dot.)

calendar

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171219-00000034-sasahi-socc


Jリーガーをポジション別で格付けした!【2017年 GK・DF編】〈dot.〉

横浜マリノスの中澤佑二(左)、川崎フロンターレの車屋紳太郎(写真:Getty images)

 川崎フロンターレ

川崎フロンターレが逆転優勝で見事初タイトルを手にした2017年のJリーグ。優勝争いも残留争いも最終節までもつれこむなど、見どころが多いシーズンとなった。そんな波乱の一年となった今季の選手のパフォーマンスを、各ポジション別に振り返り格付けを行った。今回はGK・DF編だ。

【GK】

1位:カミンスキー(ジュビロ磐田)

 昇格年だった昨シーズンの年間13位から6位にジャンプアップした磐田を支えたのがリーグ最少の30失点というディフェンスだった。その要として最後方から最終ラインをサポートし、その間を抜けるボールやミドルシュートを阻止するだけでなく、正確なキャッチによって相手の二次攻撃を許さなかった。チームの危機を救うビッグセーブで“神ンスキー”とも呼ばれるが、今季の後半戦にそうしたシーンが減少し、正面でのセーブが増えたのは彼の安定したポジショニングもさることながらチームの守備組織が向上している証だ。

2位:中村航輔(柏レイソル)

 数多くの名選手を育ててきた柏の下部組織でも“最高傑作”とされる若き守護神はJ屈指のGKへと成長を遂げた。1試合に何度もビッグセーブを見せる選手として話題にあがるが、そのベースにあるのは確かな観察眼と集中力であり、ディフェンスが崩れかけても慌てることなく状況を見極めている結果だ。また184cmとGKでは大柄ではないが、体の伸展能力が高く、一瞬でリーチを伸ばすことができ、強いボールも負けずに弾くことができる。上位チームと対戦時の勝負強さも高く評価できる。

3位:チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)

 悲願のJ1初制覇を果たした川崎はリーグ最多の71得点をあげた攻撃力が売りだが、一方で失点も磐田、鹿島に次ぐ3番目に少なかったのは元韓国代表守護神の活躍によるところが大きい。ハイボールの対応に絶対の自信を持ち、ゴールエリアで相手FWにヘディングを許すケースは稀であり、ミドルシュートからゴールを奪われるシーンも少ない。特にゴールマウスの上部を狙ったシュートは恵まれた体格とタイミングの良い跳躍からのパンチングでことごく弾き返した。カミンスキーと共通するのは二次攻撃を許さないキャッチングと大きく弾くパンチングだ。自身のミスによる失点も非常に少なかった。

【SB】

1位:車屋紳太郎(川崎フロンターレ)

 推進力の高い攻め上がりで川崎のお家芸である中盤のパスワークに左サイドから明確なアクセントを与え、“左サイドからのパス”とも呼べるピンポイントのクロスなどで9アシストを記録。阿部浩之家長昭博といったサイドアタッカーのサポートも精力的であり、ディフェンスの貢献も高かった。シーズン34試合フル全試合出場を果たしたことも評価に値する。勝利への貢献度は右サイドのエウシーニョも負けていないが、怪我により開幕14試合を欠場したこともあり、川崎の両SBを代表して車屋を1位とした。

2位:西大伍(鹿島アントラーズ)

 リーグ優勝にあと一歩まで迫った立役者の1人であると同時に、最終節での前半の負傷退場が非常に悔やまれる。1得点5アシストという結果以上に攻撃で存在感を発揮し、アウトサイドからの組み立てとゲームコントロールは見事だった。また相手のサイドアタッカーに仕事をさせない役割も安定しており、逆サイドからのクロスに対してもファーサイドに流れてきたボールを安定的に回収するなど地味な仕事も抜かりなくこなしていた。

3位: 丸橋祐介(セレッソ大阪)

 左サイドから高精度の左足クロスを前線の杉本健勇や山村和也に送り届け、10アシストを記録。セットプレーのキッカーとしても良質なボールでゴールを演出した。印象的な活躍を見せたのがルヴァン杯準々決勝の浦和との第2戦で、CKから先制点の起点となり、直接FKで2点目を決めた。攻撃に魅力がある選手であることに疑いはないが、ユン・ジョンファン監督のもとで守備のハードワークもしており、まずまずの安定感だった。

【CB】

1位:中澤佑二(横浜F・マリノス)

 最終的に5位に終わったものの、終盤まで上位争いを盛り上げた横浜FMで39歳という年齢を全く感じさせないデュエルの強さを発揮。プレッシングを主体とするディフェンスの防波堤として中央からの攻撃を阻止し、サイドからのクロスボールも力強くはね返した。対人戦が多く発生するポジションで警告0枚は称賛に値する。素早くダイナミックな攻撃の起点としても果たした役割は大きく、彼が良い状態を維持した上で、中盤から前の選手が組み立てや質を高められれば、来季にさらなる上位進出も可能だろう。

2位:大井健太郎(ジュビロ磐田)

 守護神カミンスキーとともに、シーズン最少失点を達成した磐田のディフェンスを柔軟に支えた。4バックでも3バックでも最終ラインをしっかり統率し、周囲のチャレンジをカバー。ロングボールをはね返す仕事も安定していた。ペナルティエリア内で相手FWを完全なフリーにさせる場面は極めて少なく、シュートを打たれてもコースを限定することでカミンスキーのセービングを助けた。フィードも安定しており、もっと評価されるべきDFだ。

3位:マテイ ヨニッチ(セレッソ大阪)

 守備のデュエルでほぼ不敗を誇り、ゴール前に迫られてもアタッカーをフリーにさせなかった。ハードだがクリーンでもあり、もらった警告は34試合でたったの1枚。0枚の中澤には及ばなかったものの、外国人DFとしては特筆に値するデータであり、Jリーグにしっかりと適応した結果だろう。セットプレーの得点力でも勝利に大きく貢献しており、12本のシュートで6得点という決定力は驚異的だった。山下達也、木本恭生というタイプの異なるCBの相棒との連係もスムーズだった。(文・河治良幸)

●スポンサーリンク