ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

名波監督も「すごいやつだ」と驚嘆。ジュビロを変えた中村俊輔の存在|Jリーグ他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

calendar

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2018/01/02/___split/amp.php?__twitter_impression=trueュビロ磐田

名波浩監督インタビュー(後編)

13位→6位アップの舞台裏を語ったインタビュー前編>

 J1復帰を果たして2年目の昨季、ジュビロ磐田は13位だった前年から一気に6位まで順位を上げてシーズンを終えた。そのリーグ戦では、リーグ最少となる30失点と堅守を誇った。攻撃にしても、加入に際しては懐疑的な声も聞かれたMF中村俊輔がチームにフィット。同じく新加入のFW川又堅碁も14得点をマークするなど、明らかにスケールアップした。

 かみ合った攻撃と守備、中村俊輔という存在、さらには新シーズンに向けて、名波浩監督に話を聞かせてもらった――。

――昨季は6位という順位もさることながら、目を見張ったのはリーグ最少失点(30点)だったこと。その守備力については、どう評価していますか。

「それに関しては、選手たちのがんばりが大きい。本当に『みんな、すごいな』と思いましたから。これまで(自分が)ずっと言い続けてきたことを、徹底してやってくれた。

クロスに対しては、中の守備、しっかりマークにつくことや競り合いで負けないことよりも、まずは『クロスを上げさせるな』ということをずっと言ってきた。ゴール前の(守備の)準備ができる前にクロスを上げさせないため、(サイドで対峙した相手に)厳しくチェックにいったり、切り返しをさせるなど時間を作らせる対応をしたり、そこを重要視してきた。

 もちろん、クロスを上げられそうになったら、体を投げ出して対応するように徹底。そして、そうしたことを選手たちがきちんとトライしてくれた。おかげで、被クロスのデータもよかったですから。 あとは、数字に表れない部分で言えば、アタッキングサードに侵入される前に、未然に防ぐ、アプローチする、という点。また、相手にボールを下げさせたり、(相手の)ボランチやDFにボールをつなげさせたり、といった点も評価できます。それらは、僕がいくら口で言っても、やり通せることではないので、選手たちのがんばりが大きい。それと、コーチ陣に感謝です。


 そうそう、(第32節の)柏レイソル戦ではスリッピーなピッチ状態で櫻内(渚)がオウンゴールしたんですけど、彼は翌日の練習後から、ゴール前に水をまいて(チームメイトに)アーリークロスを上げさせて、クリアの練習をずっとしていたんですよ。

 続く(第33節の)サガン鳥栖戦でイエローカードをもらって、最終節の鹿島アントラーズ戦では(累積警告で)出場停止だったんですけど、その試合の前の週にも続けて同じ練習を繰り返していた。『おまえ、試合(鹿島戦)には出られないんだぞ』と言ったら、『来年につながるんで』って言うんだよね。

 彼はそれくらい、あのオウンゴールに責任を感じていて、他の選手もみんな、同じような気持ちを持ってシーズンを通してプレーしてきてくれた。失点が減ったのは、そういう部分も大きいと思います」

――一方、攻撃については、どんな手応えを感じていますか。

「(J1第10節から第13節まで)4試合連続で得点が奪えなかった時期は苦しかったですけど、それでも攻撃陣への信頼は『不変だ』ということは、チーム内外で話をしていました。選手たちにも『ゴールは水ものだから』と。あのクリスティアーノ・ロナウドですら、得点が取れない時期というのはありますからね。だから、得点を奪えない時期でも、ミスを指摘したりはしません。誰かの責任だと言ってプレーを掘り返すのは、プレーヤーズ・ファーストではありませんから。例えば、『この場面では、こうしたほうがいいんじゃないか』といった建設的なアドバイスだけをしてきた。

 得点が取れなくても、(選手たちは)献身的に守備をしたり、自分から仕掛ける回数を増やしたり、もしくは人を使って必ずゴール前に入っていこうとしたりしていた。また、ボックス内で止まっていることもなかった。そういう約束事を守れていれば、ずっと使い続けるという信頼を示していました。まあ、いずれは(中村)俊輔のFKでどうにかなるだろう、みたいに思っていました(笑)。

 それで結果的に、(第14節の)ガンバ大阪戦で3得点を決めると、以降、ゴールを積み重ねて、6連勝という素晴らしい成績を残してくれました」

――その6連勝の前、連敗した試合で自信を得たという話を(前編で)していただきました。シーズンを振り返ったとき、他にターニングポイントになった試合はありますか。

「(第5節、第29節の清水エスパルスとの)”静岡ダービー”では、ともに勝利してチームに自信をもたらしてくれました。あとはやっぱり(第24節の)ヴィッセル神戸戦。これが『昨季のベストゲームだ』と自分は言っているんですけど、あの試合は本当にいろいろなことがあったんですよ。まず、俊輔が試合当日に高熱を出して、急遽試合に出場できなくなった。それと、今でも自分は誤審だと思っているんですが、相手のハンドは見逃されてPKをもらえなかった。そして、(ルーカス・)ポドルスキの存在。来日して間もなくて、騒がれているなかで、彼に先制点を奪われてしまった。言ってしまえば、負の要素しかない試合だったわけですよ。

 ところが、俊輔の代わりに起用した(上田)康太が中盤でボールをカットして、川又(堅碁)が同点ゴールを決めると、松浦(拓弥)がFKを直接ぶち込んで逆転勝利を飾った。(ホームの)スタジアムを包んだサポーターの熱気も、(最終節の)鹿島戦と同じくらいすごかった。あの試合はもう、本当に感動しましたね」

――そこは、アクシデントにも動じないメンタリティーを選手たちが培ってきたということでしょうか。

「川又、(高橋)祥平、あとムサエフ。もちろん俊輔もだけど、昨季から加入した選手たちは皆、J1という舞台に慣れていて、代表にも選ばれるような選手だったので、(それぞれが安定して力を発揮できるため)チームとしての浮き沈みがだいぶなくなった。

(J1に復帰したばかりの)一昨季の開幕戦では浦和レッズと対戦したけど、相手のメンバーを見ると、J1で200試合、300試合出場している選手がごろごろいた。そのときのうちの選手といえば、太田(吉彰)を除いて、ほとんどが(出場数は)ふた桁止まり。もう若造vs重鎮みたいなものですよ。

 それが昨季は、経験のある選手が加わって、(一昨季からの)経験を積んだ選手も増えた。先に得点を奪われても、ピンチになっても、しぶとく戦えるようになった。まあ、今季もこれを継続していかなければ、何の意味もないんですけどね」

中村俊輔の存在なくして、ジュビロの躍進は語れない――やはり中村俊輔という存在は、クラブにとって大きかったですか。

「そこは、でかいでしょ。俊輔は2016年のリーグ戦出場が19試合で、その前年も19試合だった。高齢の選手としては決して悪い数字ではないと思いますけど、本人にとっては、決して納得のいく試合数ではなかったはず。

だから、加入したときの会見で『28試合出てくれればいい』と話したんですけど、内心は『25試合くらいかな』と思っていた。そうしたら、結果的にはリーグ戦で30試合、天皇杯も含めれば31試合も出場した。それは、かなり大きいですよね。

少しパフォーマンスが落ちた時期もありましたけど、そこからまた盛り返してきた。大したものだと思います。

俊輔の何がすごいか。例えば、最終節の鹿島戦でのこと。彼は前半27分に得たFKを外したんですけど、試合後、『名波さん、すみませんでした』と言ってきた。それで『えっ、どうした?』と聞いたら、『あのFK、ちょっと(雰囲気に)飲まれて、自分らしくなかった』って言うんですよ。

でも、こっちとしてはミスとも思っていないし、『いいよ、また来年につながるんじゃないか、その悔しさが』と言って、笑い話で終わらせたんです。そうしたら、このあとがびっくりですよ。

翌日の朝8時に練習場でボールを蹴っているやつがいるって聞いて、それが俊輔だったんです。もうオフですよ。シーズンが終わっているのに、スパイクを履いてFKの練習をしていた。

悔しいけど、これは美談でも何でもなくて、実話。『すごいやつだな』って改めて思いましたね」――中村選手が加入したことによる、他の選手への効果も大きかったのでしょうか。

「他の選手からしてみれば、もうスターなわけですよ。それも、どびっきりの。後光が差しているくらい。だからこそ、その彼がどう振る舞うのか、シーズン当初は注視していたんですけど、本当に事あるごとにチームメイトに声をかけてくれていた。若い選手とも組んで、ストレッチしたり、パス交換の練習をしたり。

俊輔もまた、よく見ていましたよ。他の選手たちのことを。この選手はどういう性格なのか、この若い選手たちのグループは誰が中心なのか……。プレーの特徴はもちろん、その選手の性格や人間関係まで、シーズン序盤はよく観察しているようだった。

それで、自分なりにチームメイトの”取扱説明書”を持てたんでしょうね。逆に、自らの”取扱説明書”に関しては、最初からオープンにしていたから、どんどん(他の選手たちとの)距離が縮まっていった。

その結果、4月~5月くらいまでの1試合におけるボールタッチ数は60~70回くらいだったのが、それ以降は90~100回、多いときは110回にも及んだ。最終的には、彼にどんどんボールが集まっていきました」

――中村選手と同様に、川又選手の活躍も際立っていました。

「俊輔もよく言っているけど、前に向かっていく選手がDFにとっては一番怖い。シュートを打つ選手が最も脅威に感じるんですよ。どんないいパスを出そうが、どんなトリッキーなプレーができようが、相手にとって怖いのは得点を決める選手。(川又は)そういう雰囲気を感じさせてくれた。川又本人もここまで活躍できるとは考えていなかったかもしれないけど、ケガを抱えながら、本当によくやってくれたと思います。(リーグ戦で)14得点ですからね、立派ですよ。加えて、アシストも多かった。


 ただ、まだ改善の余地はたくさんある。だいたい、日本人のストライカーは30歳になってから。歴代の得点王を見ても、23歳だった高原(直泰)以外は、今季の小林悠(川崎フロンターレ)もそうだけど、30歳前後の選手ばかり。佐藤寿人や大久保嘉人など、30歳を過ぎてからのほうが多いくらい。DFとの駆け引きや(ゴール前での)落ち着きを含めて、(28歳の川又も)ここからだと思っています」

――最後に、昨季の6位という結果を踏まえて、今シーズンの目標を聞かせてください。

「まず順位的なところで言えば、トップ5を目指したい。目標を3つ立てているのですが、それがひとつです。もうひとつは、システム変更。これは選手たちにも示唆しています。

 あとは、普段からボードに書いている『攻守の切り替え』『セカンドボールの予測』『コミュニケーション』『シュートを打つ意識』『さぼらない』『諦めない』『(集中力を)切らさない』といった7つの約束事に、『休まない』『休ませない』ということを加えて、来季の指標にしたい。

 これは試合中だけでなく、トレーニング中も『休まない』『休ませない』ようなことをやっていく、という意味もある。今季は、そうした新鮮味も選手たちに与えていきたいな、と考えています」

●スポンサーリンク