ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

J1磐田・田口の初先発濃厚 「自分らしく」静かに闘志|静岡新聞アットエス

calendar

http://www.at-s.com/sp/sports/article/shizuoka/jubilo/topics/463534.html

(2018/3/2 17:02)
ボールをキープする磐田の田口(手前左)=ヤマハ大久保グラウンド

 J1磐田MF田口泰士(26)が3日の名古屋との敵地戦で、移籍後初先発が濃厚になっている。昨季まで9年間所属した古巣との初対戦。「自分らしくプレーしたい」と静かに闘志を燃やす。
田口は2月25日の川崎との開幕戦は後半途中から出場し、非凡な攻撃センスを披露した。磐田に加入した当初と比べ、「チームによって戦術は違うが、(磐田のやり方を)覚えようと必死にやってきた」と振り返る。
名波監督は風間監督(清水商高出)が指揮を執る名古屋のサッカーの攻撃の印象を、「狭いコートで相手を崩すバスケットボールやハンドボールのよう」と表現した。一方、自らのチームは「アイスホッケー」だという。平昌五輪の女子日本代表が初戦のスウェーデン戦で得点した場面のように、コートを広く使うスタイルを理想とする。大きな戦術の違いに、日本代表経験もある田口が戸惑うのも無理はなかった。
指揮官は開幕3週間前、田口に川崎戦は先発起用を見送ることを告げた。その結果、田口から焦りが消え、中村や川又らにアドバイスを求める余裕も生まれた。「元々の能力が高い選手が意固地になることなく、(磐田に)順応するスピードを速めてくれた」と指揮官は期待する。
「名古屋戦はどうなるか分からないが、楽しみにしている」。磐田の今季初勝利のため、田口はベストを尽くす。

●スポンサーリンク