ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

【J1展望】磐田×神戸|好調の磐田は3連勝でトップ5浮上なるか? | サッカーダイジェストWeb

calendar

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=40187

J1リーグ14節
ジュビロ磐田 ヴィッセル神戸
5月12日(土)/14:00/ヤマハスタジアム

ジュビロ磐田
今季成績(13節終了時):6位 勝点21 6勝3分4敗 15得点・12失点

【最新チーム事情】
●前節の柏戦で山田が待望の今季初得点。
●5月9日のルヴァンカップで中野が2ゴール、荒木が2アシストの活躍。
●5月2日の横浜戦で暴力行為を働いたギレルメは、Jリーグ規律委員会から退場処分と併せて7試合の出場停止を科された。クラブからの処分は別に下される。
●森下が肉離れで戦線離脱。練習合流まで3週間かかる見通し。

【担当記者の視点】
 15連戦の終盤だが、チームは調子を上げている。前節は山田、川又のゴールで柏に逆転勝利。アウェー2連戦で勝点6を持ち帰った。”静岡ダービー”となった水曜日のルヴァンカップも中野、荒木らの活躍で制した。主力が多く離脱するなか、若手の突き上げがチームを活性化させている。

 神戸戦はボランチに山本が先発する見込みで、柏戦で負傷した小川大も問題なさそうだ。名波監督は、その小川と宮崎が務める両アウトサイドを神戸戦のポイントに挙げる。個の力に優れたアタッカーはもちろん、前への推進力があり攻撃のアクセントになっている相手のサイドプレーヤーをケアし、押し下げることができるか。

 ここが機能すれば、松浦、山田、田口の好調トライアングルが躍動するはずだ。昨季は14節から6連勝を記録。新戦力が馴染み、連勝で勢いに乗っているだけに、今季もその再現といきたいところ。まずはリーグ3連勝で今季目標のトップ5に浮上したい。

ヴィッセル神戸
今季成績(13節終了時点):10位 勝点13 4勝4分5敗 17得点・17失点

【最新チーム事情】
●スペイン代表のMFイニエスタ獲得報道。
●9日のルヴァンカップ(対湘南)でFWレアンドロが復帰後初ゴール。
●U-16日本代表(中国遠征)に神戸U-18の山内、佐伯が選出。

【担当記者の視点】
 4月中旬~下旬は上昇ムードを漂わせていたが、5月に入り1分1敗とここにきて失速している。ポドルスキを怪我で欠いた前節の広島戦では、ボールを保持しながらも相手の堅守を崩せず敗戦。吉田監督も「出し手と受け手がもっと勇気を持つ必要があった」と言うように課題を覗かせた。

 敵のゴール前で攻めあぐねた広島戦の出来を踏まえれば、とりわけ攻撃陣の奮起は不可欠。ポドルスキ不在のなかで、打開策を見出せるかが焦点となるだろう。磐田は、目下リーグ3戦無敗と好調だが上位争いを睨むには連敗は避けたい。

●スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.