ジュビロ情報 JubiMob

ジュビロ磐田の動画や情報のまとめサイト

神戸戦 試合後インタビュー 大井健太郎選手 H30.5.12

calendar

──相手は少し戦い方を変えてきたと

自分たちはハイラインを設定していますし、そこを突いてくるのは常套手段だと思います。そういった中で、もう少し柔軟な戦い方が出来ればよかったなと。常に前から行こうという感じではなく、いつもだったらサイドバックのミヤ(宮崎)や(小川)大貴を押し上げて、縦ズレ、スライドを積極的にやりますが、縦に押し出す間にズレ切れる前に相手がボールを放り込んできて、自分のサイドの裏までカバーする状況が多くなってしまいました。普段だとそこに(新里)亮がいて、(高橋)祥平がいてということなのですが、自分がつり出されてしまう状況が多かったことが、中央を手薄にしてしまった要因かなと。しかも前から行こうとしている中での、背後を突かれてということで、FWやシャドウの選手たちの戻る距離も長かったですし、少しストレスを与えてしまったなと感じています。ウェリントン選手であったり、昨年はパトリック選手にこういう形でやられてしまいましたし、こういう戦術を用いている中で、大きな選手というのは自分たちにとって非常にやっかいなので、難しいゲームにしてしまったことは、やはり自分の責任だと思いますし、チームをコントロールしてまずは守備をしっかりというか、もう少し相手に持たせるような展開に持ち込んでも良かったのかなと感じています。

──リーグ戦3連勝を懸けた一戦でした

そうですね。なかなか3連勝は難しいですけど、3連勝にチャレンジ出来たのは、しっかりみんなで頑張って2連勝してきた結果なので、次また連勝を続けられるように、まずはリーグでは次の湘南戦に向けてしっかり準備したいと思います。

●スポンサーリンク